メトロノームを使った「目の体操」

村田選手が4月に紹介してくれた「自宅でできる目の体操」が、とても良かったのでご紹介。 メトロノームはスマホのアプリで十分。120に設定すると、一往復で1秒なので速すぎず遅すぎずで心地よい。 私自身はガチャ目で左の視力が悪 […]

もっと読む

備忘録: 5/2 - 5/9 気づいたこと

①体はそもそもが「前傾」で、尻で引き戻して「真ん中」を決めると、バランスが取れるらしい。 能楽師の立ち方に似てるな、と思う。ギリギリの「前のめり」。これが一番、天に抜ける。 ②目の力?だけで、かなりの部位の硬結がゆるむ。 […]

もっと読む

小学校で行う「体力テスト」

私は体力テストが大の苦手だった。 ①背筋力・握力 : 人並み。ただし、第二関節が曲がらないので、正確な数字か不明。②伏臥上体そらし、立位体前屈 : 人並み。むしろ柔らかい。 問題は、あとの3つのほうである。 ③反復横跳び […]

もっと読む

3D画像の立体視で視力は回復するか?

「目がぐんぐんよくなるミラクル3D」ジョージ3 (著), 鴨下 恵子 (著), 吉田 憲次 (監修) 平行法と交差法でイラストが浮き出て見える3Dアートは、バランスよく目を使うことにより視力回復にも効果がある。(「MAR […]

もっと読む

悪姿勢による頭痛・肩こり

40歳の頃、私の体はズタボロだった。 美容院でシャンプーをしてもらう際、のけぞった首が痛くて辛い。自転車に乗ったときには、後方確認をしようにも首が後ろを向いてくれない。 そこまで凝っているのに、整体には行こうとしなかった […]

もっと読む

視覚障害と発達障害(高次脳機能障害)

視力の問題を抱えていると、高次脳機能障害を疑いたくなることがある。 高次脳機能障害とは:病気や事故などのさまざまな原因で脳が部分的に損傷されたために、言語・思考・記憶・行為・学習・注意などの知的な機能に障害が起こった状態 […]

もっと読む

視力回復のためのくつろぎ

実家にあった古い本の中に、「あなたもメガネがいらなくなる」という本があった。1963年に出版されたもので、紙はすっかり茶色くなっている。 題名に惹かれて読んでみたら、しっかりした内容の自然療法の本だった。その中にあった「 […]

もっと読む

母の失明の真因

母が70歳に近づいた頃、目の見えが悪いから病院に付き添って欲しい、と頼まれた。順天堂大学病院で診てもらったところ、診断は白内障であった。 その日、もうひとつ聞きなれない病名を言われた。網膜色素変性症ですね、と。 網膜色素 […]

もっと読む

備忘録 : 4/26 ~ 5/1

遠視に老眼も加わり、私の目は非常に疲れやすい。
今年の2月末から通っている治療院では、先週から手技に加え、鍼治療も行ってくれるようになった。

もっと読む

視力障害克服への道

「歪みを正せば、視力障害は治るのではないか?」40歳を過ぎた頃、身体感覚を通じ、そう思うようになった。 目が悪いのは、「目」が悪いのではない。首より下の部分の「骨組み」に、何らかの問題があるのではないか?と。 どこが歪ん […]

もっと読む